飼主は糖尿病で仕事も不調だが、飼い猫もダイエット食に不機嫌でいらいらジョイントマットを食い千切って憂さ晴らし❓️

(元記事:2019年3月)

 

皆さんおはようございます猫枕です。

 

2年前53才で発症した糖尿病の眼科的フォローに半年ぶりに参りました。

 

 

因みに、発症時、

 

2017年3月27日:血糖462(基準値70~109) HbA1c10.7(基準値4.6~6.2)

 

でした❗️❗️

 

が、2週間入院、2カ月インスリン注射した後、

 

6月15日:血糖105、HbA1c 6.1 と正常範囲内になりました❗️

 

その後は内服治療のみで経過して、

 

2018年10月1日:血糖120、HbA1c 6.2

(半年に1回の職員健診)

 

現在メトグルコ(メトホルミン塩酸塩)1日3錠で落ち着いております。。。

 

 

糖尿病のフォローは眼科のみ外注

 

ど田舎総合病院の眼科外来2回目

 

 

www.bungo-ohno-hp.jp

 

3/1は豊後大野市朝地町に移住し立ての昨年9月以来2度目の市民病院受診でした。

 

ワタクシの場合、勤め先が病院なので、内科的フォローは同僚の内科専門医に【ご相談】するのが診察となります。(無料)

 

自分が医師なので薬も自分で処方します。(無料)

 

その上で院長のハンコを頂いて【糖尿病内科フォロー受診】完了です。(無料)

 

しかし、眼科については、瞳孔散大させて網膜を観察する専門検査が必要なので眼科専門医をわざわざ受診せねばなりません。

 

しかも、目薬で瞳孔散大させると5時間程度散大したままで、世の中がぼやけて見えるので車の運転など出来ず、家に帰っても目がぼーっとして何も出来ません。

 

糖尿病生活は注射と検査を毎日自分でやる!!

 

糖尿病生活は煩わしくてしょうがないですね~

 

 

f:id:bungo1495:20190602005248j:plain

(出典:kompas.hosp.keio.ac.jp) 

 

 

インスリン注射中は特に面倒でした。

 

朝一で自分で腹に皮下注射して、血糖検査で一日何回も指先に【針刺し】して、その針は専用のごみ容器に捨てるのです。

 

医療行為とはいえ、毎日何度もグサグサ自分を刺して痛い! ので気分最悪でした。

 

ついでに言うと、、、

 

最初左の人差し指で血糖値を測っていましたが、何週か経つと菌が入ったらしく、痛痒くて熱く腫れ上がってしまいました❗️

 

で、中指にチェンジして、その後は検査時入念に消毒するようにして、2カ月を乗り切りました。

 

将来血糖検査をされる方々には、最初から中指をお勧めします。

 

中指の方が生活で使うことが少ない上、肉厚で痛くないですから。

 

全くしかし、病気が落ち着いた今でも、毎日3食後の薬を飲むのが煩わしいし、半年に1回の眼科受診も一々タクシーを使って滅茶苦茶煩わしいですね~

 

飼い猫はどんどん逞しくなり飼主は困る

 

ジョイントマットの端で遊ぶ?

 

f:id:bungo1495:20191114053500j:plain

 

猫枕の人間には乗るだけですが、

 

f:id:bungo1495:20200520075224j:plain

 

猫枕の敷物ジョイントマットは外して遊んでいるようです。

 

どうも不機嫌で皿をひっくり返すので、ワタクシはお返しに裏側にエサを入れてやりました❗️

 

ジョイントマットを噛みちぎる

 

当直明け、ジョイントマットの端が分断されて噛みちぎられておりました。美味しい生魚を噛みたいでしょうが、滅多に出しませんよ〜ええ、健康の為に❗️黄色脂肪症にならないようにです‼️

 

生魚を頭から尻尾まで一匹丸ごと食べさせたら、モノをバリバリ噛み千切る能力が呼び覚まされた模様で、

 

ジョイントマットの細長い端を、今までになく小さくボロボロに分断するようになりました。

 

端に噛み付いて外して振り回しているところを目撃したこともあります。

 

何かご不満のようですね❗️❓️

 

恐らく、エサを正月明けから、赤ちゃん食からダイエット食に替えてお腹が満足しないせいだと思いますが。

 

※その件、詳しくはこちらをどうぞ。

www.nanmanda.com

 

飼主自身は食べたいものを食べて薬に頼っているのに、飼い猫には太って来たのがイヤだ❗️と言ってダイエット食を食べさせて、飼い猫は飼主の身勝手❗️に抗議しているのではないでしょうか❓️❓️

 

f:id:bungo1495:20200520083317p:plain

(出典:dailymotion.com)

 

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。