猫枕せんせい

田舎でヲタク暮らしの認知症専攻医です。 古き良き昔を振り返りがちに、犬猫、グルメ、アイドルなどを語ります。

スポンサーリンク

【総括】3年前初発の糖尿病が昨年再燃悪化❗️ AdSense収益とかなり相関しているようで、ここ1年の経過をまとめる。

 

皆さんおはようございます猫枕です。

 

去年4月糖尿病が再燃重症化して丸1年、

 

『インスリン注射だけは嫌だ❗️』

 

と内服薬のみで治療中ですが、AdSense収益同様今一の経過でございます。

 

今回はそのレポートをしたいと思います。。。

 

 

2019年4月、糖尿病再燃

 

 

4月の職員健診でパニック値を示して再検された模様です。

 

ハワイ旅行で足がつってサーフィンが出来ず、また飛行機内でものすごく喉が渇いて水ばかり飲んでいて、悪いのは分かっていましたが、サドンデス(突然死)レベルだとは思いませんでした。

 

 

2年前に初めて糖尿病を発症した時よりも酷かった❗️

 

で、緩解中はメトホルミン1日3錠(毎食後)の処方で経過観察しておりましたが、一気に内服薬が4種類に増えました。

 

上述のようにインスリン注射無しで行きたかったせいです。

 

新処方

❶メトホルミン6T3X・・・2倍増量です。

 

BG(ビグアナイド)類:糖を使って作らない効果。

 

❷フォシーガ1T1X朝

 

SGLT2阻害薬:尿糖促進。

 

❸ジャヌビア1T1X朝

 

DPP-4阻害薬:インクレチン(血糖を一定に保つホルモン)安定化

 

❹ピオグリタゾン1T1X朝

 

チアゾリジン薬:インスリン強化

 

※糖尿病治療の第1選択メトホルミン、第2選択フォシーガに加えてジャヌビア、ピオグリタゾンを内服することになりました。

 

『ああ面倒くさい糖尿病治療❗️❗️』

 

f:id:bungo1495:20200308055503j:plain

 

インスリン注射をすると、毎日何回も指先を針で刺して血糖検査までやらねばなりませんから、内服だけなら痛くない分ラクですが。

 

その後この1年の経過

 

2019年5月

 

 

HbA1cがまだ正常域に下がりません。

 

2019年6月

 

 

もう一息。

 

2019年7月

 

 

正常域に復帰しました。

 

❹ピオグリタゾン中止。

 

2019年9月(職員健診)、11月

 

HbA1cが5.2で、さらに軽快して、

 

❶メトホルミンを6Tから3Tに減量。

 

11月もHbA1c5.5で経過良好ゆえ、

 

❸ジャヌビア中止。

 

2020年1月

 

 

ちょっとHbA1cが増えましたが、

 

❶メトホルミンを3Tから2Tに減量。

 

2020年3月

 

 

『あれれ❓️』

 

HbA1cが正常域ギリギリまで上がってしまいました。

 

とりあえず処方はそのままで経過観察です。

 

現処方と今後の方針

 

 

現処方は、

 

メトホルミン2T2X

フォシーガ1T1X

 

ですが、主治医(勤務先の内科専門医)の方針は、

 

経過が良ければ、第2選択のフォシーガを中止して、最後は第1選択のメトホルミン1Tにて一生継続の予定だとのことです。

 

今一不良患者の思い

 

 

美味いものを食べることしか楽しみのないワタクシとしては、1回目の緩解中の処方、メトホルミン3T3Xくらいで、グルメを楽しみたいですね~

 

零細ブログ経営が現在、低空飛行で停滞中で今一不調で、糖尿病の良し悪しがかなりブログの調子に相関しています。

 

昨年末に Google AdSenseから第1回目の支払いを受けて、2回目は4月になりそうです。

 

即ち、この3ヶ月の AdSense 収益は8000円未満なのです。

 

これが毎月頂ければ気分良く活動的になって、糖尿病も軽快すると思われますが、中々低空飛行から脱出出来ず、汲々としております。

 

色々実績のあるブロガーから勉強させてもらって試行錯誤を致しておりますが、どうにもこうにも・・・

 

f:id:bungo1495:20200308054952j:plain

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

スポンサーリンク