ニャン尾塗中

スコティッシュフォールド♀一匹と僻地の山里で暮らす、孤独癖アイドルヲタクのセミリタイア医師が、ちょっと仕事、時に美食し、稀に外国旅行致します。。。

スポンサ―リンク

スポンサーリンク

【ひなたの佐和ちゃん、波に乗る❗️〜宮崎発地域ドラマ】(BSプレミアム)を見て、サーフィンをどこでやるか思い悩む

www.nhk.or.jp

 

皆さんおはようございます猫枕です。

 

9/11(水)面白いテレビドラマを見ました。

 

日向(ひゅうが)でサーフィンするJKのお話です。

 

丁度ワタクシも日向にサーフィンしに行こうかな❓と考えていた所なので、日向の様子を見たいと思ってドラマを見ました。

 

www.asoview.com

 

この4月ハワイで初サーフィンの予定が糖尿病でパーになり、7月もプーケットの予約をキャンセルし、外国に行くより近場に行ってみようかな❓と一番近い日向を考えていた所です。。。

 

 

あらすじ

 

軽音部のバンドでボーカルを務めるJK3、是澤佐和が主人公である。

 

佐和は小さい頃から歌手になりたいと思っている。

 

父はサーファー一筋だがプロテストにどうしても受からず、離婚して一人サーファー生活をしている。

 

佐和は週1回父の様子を見に行っている。

 

日向はサーフィンが盛んで、佐和の幼馴染みもサーフィンをやっていてプロ志望だが、弟が彼に教わってこっそりサーフィンをやっていることがばれる。

 

佐和も母も父のことでサーフィンが大嫌いなのだ。

 

家族ケンカの末、佐和もサーフィンを父に習ってやることになった。

 

f:id:bungo1495:20190913035044j:plain

(出典:istalker.org)

 

感想など

 

日向の港町と海岸が美しく描かれています。

 

高3生の佐和は、歌手になりたいと思いながらも、母親からは資格を取れ取れとうるさく言われている。

 

サーファー狂いの父のこともあって矢鱈にうるさい。

 

幼馴染みの同級生は漁師の息子だが、プロのサーファーになることしか考えられない。

 

一方、頑固おやじは息子を漁師にすることしか考えていないので、ケンカが絶えずいつも険悪なムードである。

 

進学就職を控えた高3生たちと親との言い争いがほのぼの懐かしいですね~

 

他人事だから悠長に構えて見られました。

 

けっこうな親子ドラマを見て、しみじみノスタルジーを感じました。

 

ワタクシにもこんな時代がありましたね~

 

f:id:bungo1495:20190913041032j:plain

 

以前、日向の隣の延岡でカヌーをしました

 

f:id:bungo1495:20190913041325j:plain

 

2014年9月30日、NPO法人ひむか感動体験ワールド【ノベスタ】を利用して、1回5500円でカヌー体験したことがあります。

 

nobe-star.com

 

かつて1999年半年ほど住んでいた延岡市まで、大分市から車で片道2、3時間かけて行きました。

 

アクティビティはそれなりに面白かったのですが、コーチと二人でカヌー練習するのは本当に辛気なかったですね~

 

しかもその上、通りがかりの高校生にからかわれて気分最悪でした。

 

それで奮起して、翌2015年1月に初めて外国に飛び出した訳です。

 

www.nanmanda.com

 

グアムで銃撃やスカイダイビング、右側通行のドライブなどのアクティビティをやりました。

 

ハワイ片道8時間フライトに懲り懲り

 

www.nanmanda.com

 

ハワイ現地自体はけっこうな常夏の楽園でしたが、とにかく移動時間が滅茶苦茶長い❗️

 

エコノミークラスで長時間椅子に縛り付けられてグロッキーでした。

 

グアムは3時間で何とか我慢出来ましたが、ハワイ8時間は無理でした。

 

次ハワイなどロングフライトで行く時はビジネスクラスで行こうと考えています。

 

が、クラスを上げるにしても何か気分が乗らないんですね~

 

また日本国内の近場はどうだろう❓と考えて日向のサーフィンを探し当てました。

 

しかし、またまた辛気なくてからかわれるのは嫌だな~~と思って悩んでいる所です。

 

今回見た、佐和ちゃんのドラマはとっても感動的で良かったのですが、、、ワタクシが実際に日向に乗り込むときはやはり、不愉快なことが多いのではと思われ、日向行きは思い留まり悩むところですね~

 

f:id:bungo1495:20190913044853j:plain

(出典:cinra.net) 

 

 

 

最後までお読み頂き有難うございます。