猫枕ライフ

NOアイドルNOライフ!

里の駅【やすらぎ交差点】にて大分県名産で有名な鶏の唐揚げと椎茸カレーを美味しく頂く。

ベルリッツ

www.jalan.net

 

皆さんおはようございます猫枕です。

 

我がど田舎、

 

朝地町のものすごい山奥にある

 

【やすらぎ交差点】

 

に行って参りました。

 

里の駅です。

 

女将さん一人が切り盛りする土産物と食堂ですが、

 

けっこう色々な料理が食べられます。。。

 

 

唐揚げ定食

 

鶏肉消費量No.1の大分県の定番、

 

唐揚げ定食です。

 

どこの都道府県でも定番でしょうがw

 

f:id:bungo1495:20200612153147j:plain

f:id:bungo1495:20200612153256j:plain

 

しかし、

 

ど田舎で素朴過ぎました。

 

今一つ味がありません。

 

肉自体はギッチリ詰まっていて、

 

しっかり食べた気分になりました。

 

f:id:bungo1495:20200612153629j:plain

 

山奥ゆえ山菜が美味しいですね~

 

f:id:bungo1495:20200612153755j:plain

 

テーブルの端にあった醤油かソースか不明のビンがありました。

 

どっちでもいいからとにかく味が欲しいので、

 

不明の調味料を掛けてみました。

 

結果、ウスターソースでした。

 

とりあえずOKの味ですw

 

椎茸カレー

 

大分名産の椎茸ですが、

 

カレーの具としては初めてです❗️

 

f:id:bungo1495:20200612153904j:plain

 

シンプルな定食。

 

f:id:bungo1495:20200612153959j:plain

 

サラダ。

 

f:id:bungo1495:20200612154027j:plain

 

酢の物。

 

f:id:bungo1495:20200612154106j:plain

 

カレーの具はシンプルかつ大胆に椎茸だけ❗でした。

 

f:id:bungo1495:20200612154220j:plain

 

それもまた肉厚のデカい椎茸がゴロゴロ大量に入っています。

 

f:id:bungo1495:20200612154247j:plain

 

最初カレーとライスが別々でしたが、

 

ワタクシは混ぜ込み派ですので、

 

食べる前に椎茸も福神漬けもルーもライスも、

 

全部ごちゃ混ぜにして頂きました。

 

ルーは色々煮込んで熟成しているようで、

 

椎茸しか入ってなくても複雑な味わいがあって、

 

非常に美味しかったです。

 

椎茸の巻き寿司など持ち帰り

 

f:id:bungo1495:20200612154508j:plain

 

巻き寿司の具はほとんど椎茸です。

 

噛み応えあるゴツイ椎茸でした。

 

もちろん、

 

噛むと椎茸の汁がジュワ~❗

 

と出てめちゃくちゃ美味でした。

 

f:id:bungo1495:20200612154543j:plain

 

鶏飯も乙な味です。

 

大分の鶏肉と椎茸について

 

鶏の唐揚げと鶏天?

 

oita-katete.pref.oita.jp

 

大分県の鶏肉消費量は日本一だそうです。

 

唐揚げとちょっと違う鶏天(とりてん)という料理もあります。

 

一番簡単な違いは、

 

食べた時サクッと歯が通るのが鶏天、

 

表面がガリっといびつなのが唐揚げです。

 

www.toyoken-beppu.co.jp

 

肉厚の特選椎茸【どんこ】

 

shiitake-himeno.co.jp

 

大分県で生産される干し椎茸の量は全国の約半分を占めて、

 

2位以下を圧倒的大差で引き離しているそうです。

 

shiitake-himeno.co.jp

 

このカレーや巻き寿司に入っている肉厚の椎茸は【どんこ】と呼ばれております。

 

農林水産大臣賞や林野庁長官賞などを受賞し、

 

品評会では大分が毎年圧倒的な強さで優勝しているほどです。

 

【おまけ】

椎茸自体の生産量は徳島県がNO.1です。

 

だから、

 

徳島製粉の金ちゃんヌードルに椎茸が入っているのですね~

 

これもワタクシの好物です。

 

東京では誰も知らない?「金ちゃんヌードル」を根っからの関東人が食べてみた(全文表示)|Jタウンネット (j-town.net)

 

 

 

  

最後までお読み頂きありがとうございます。