ニャン尾塗中

スコティッシュフォールド♀一匹と僻地の山里で暮らす、孤独癖アイドルヲタクのセミリタイア医師が、ちょっと仕事、時に美食し、稀に外国旅行致します。

孤独な飼い主と子猫のど田舎ライフ始まる!

スポンサーリンク

 

皆さんおはようございます猫枕です。

 

残暑厳しい折【秘書】没っちゃんはパソコン作業中、お隣で待機中であります。。。

 

 

 

2018.9.2.動物病院初受診

 

9/2(日)初めて没っちゃんを動物病院に連れて行きました。

 

ワクチン接種です。

 

8/16に我が家に来て初めての外出でもあります。

 

 

7/18に第1回目の予防接種をさいたま市で受けたようで、2回目は8/18頃するよう指示されています。

 

ペットショップで引き渡しの際、店員から、

 

『猫ちゃんは神経質で、引っ越し後2(1❓)週間は下痢すると思います。お注射は家に馴染んでからがいいので、それ以降になさって下さいね』

 

 と説明がありました。

 

下痢したのは翌17日くらいで後は正常便でしたが、店員の言いつけを守って約2週間後の9/2に連れて行ったのです。

 

が、獣医にいきなり『遅い❗️』と怒られました。

 

2週間じゃなくて1週間の思い違いだったようです。

 

1回目の注射で出来た抗体が無くなってワクチン効果がないじゃないか❗️

 

と怒られたのです。 

 

ただでさえか弱いスコティッシュフォールドが、飼い主のボーンヘッドで生命も危険な目に晒される❗️

 

ワタクシは今後も色々失敗するだろうなと不安で青くなりました。

 

しかし、注射自体は安心して見ていられました。

 

大騒ぎの覚悟で参りましたが、獣医が荒っぽく扱った(ように見えた)のに、鳴きも暴れもせず、拍子抜けして笑っちゃいました。

 

 

朝倉文夫の【吊るされた猫】を思う

 

注射は背側頸部皮下で、ワタクシが首の皮を掴んでぶら下げて、獣医がその直ぐ下に打ちました。 

 

朝倉文夫の【吊るされた猫】のように。

 

f:id:bungo1495:20190122043337j:plain

(taitocity.netより)

 

朝倉文夫は明治16年、我が朝地町生まれの偉大な彫刻家です。

 

【道程】の高村光太郎のライバルだったそうですが、それは古民家に移住してしばらくして初めて知りました。

 

東京都台東区に彫塑館、大分県豊後大野市朝地町に記念館があり、我が古民家の前を記念館行きのバスが通っております。

 

ブログのトップで手を挙げている巨大猫【ふくちゃん】は記念館の方、隣の公園で寝ておられます。

 

※詳しくはこちらをご覧下さい。 

ja.wikipedia.org

www.taitocity.net

www.bungo-ohno.jp

 

・・・という訳で台東区と豊後大野市は姉妹都市になっております。

 

 移住補助金申請で市役所に行った時になぜか台東区の団扇を貰いましたが、朝倉文夫のことを自分で調べて初めてしっくり腑に落ちました。

 

 

 

  

獣医を真似んで尻拭きをする

 

没っちゃんはか弱い遺伝性異常が特徴のスコティッシュフォールドのため、今回獣医にかかるまでワタクシはおっかなびっくりの腫れ物に触るような扱いをしておりました。

 

しかしながら、家の中で元気一杯走り回ってるし、大体、獣医からして粗雑に扱っているのだから、もっと大胆に行っても大丈夫だとワタクシは思い切りました。

 

病院から帰ったら、尻尾を掴んでぶら下げて肛門を拭いてみました❗️

 

これまで、逃げられたり、暴れられたり、噛み付かれたり、大便後の尻拭きが全然うまくいかなかったのですが、ぶら下げたら、大人しく存分に肛門とその周囲を拭かせてもらいました

 

しかしぶら下げは1回で懲り懲りらしく、没っちゃん、次回からはその気配を感じただけで、犬の伏せ❗️の姿勢になって大人しくして、尻尾を軽く引き上げるだけで尻拭きをさせてくれました。

 

さすが血統書付きのスコティッシュフォールド、賢明で上品な猫ちゃんですね❗️

 

毎度毎度尻尾でぶら下げていたらまた【猫ふんじゃった症候群】の危険性もあって問題になったところです。

 

※スコティッシュフォールド特有の遺伝病について詳しくはこちらをご覧下さい。

 

cocoa-pet.com

 

※※猫ふんじゃった症候群についてはこちらをご覧下さい。

 

psnews.jp

 

養老孟司先生の【まる】と大違い

 

 

うちのまる ~養老孟司先生と猫の営業部長

うちのまる ~養老孟司先生と猫の営業部長

 

 

スコティッシュフォールドと言えば、医学博士養老孟司先生の営業部長【まる】が有名ですが、【没っちゃん】はまだ3カ月で、まるのように泰然自若の境地には達していません。

 

ただっ広い古民家のあちこちの家具類をアスレチック・フィールドみたいに縦横無尽に飛び回っております。

 

没っちゃん、網戸で遊ぶ❗️

 

しかしながら、室内猫ゆえ基本的に大人しく、適当な空き地を見つけては、寝転んで落ち着いております。

 

 

ベッドで寝ているとワゴンの上中下のお好きな段に。

 

 

テレビを見ていると隣の椅子に。

 

 

猫タワーはわざわざ買う必要がありません。

 

 

テーブルに落ち着いたり。

 

 

扇風機の台に寝る頻度は高いです。

 

時々スイッチを踏んで止まったり強弱が変わったりします。

 

わざとやるのなら【ライオンのグータッチ】に動画を投稿するのですが。

 

『にゃにゃせまる扇風機は超~涼しい!』

 

というタイトルで、5/10新宿サブナードに【わたしのこと】お渡し会に行った【剃り上げボーズ】を覚えているか、西野七瀬にテレビ越しにお尋ねしたく存じます。

 

 (当日、後でさいたまの同級生と落ち合って歌舞伎町に参りました)

 

部落の行事に参加する

 

没っちゃんのニャン助の功❓があって、孤独癖のワタクシもいくらか開放的になり、古民家部落内の人々と少しは交流を持てるようになりました。

 

9/10は、WALKINGの途中偶然通りかかって声をかけて、しめ縄作りに飛び込み参加致しました。

 

WALKINGはずーっと昔から健康のために続けていますが、通りがかりの人に挨拶するのはここが初めてだし、ましてや、寄り合いに途中参加することは未曾有の珍事件です❗️

 

9/10午後2時頃、地区の祭りの準備に参加致しました。三人が踊るようにしめ縄を編んで行きます。ワタクシもちょっとやらせてもらいましたが、右手左手握って捻って渡して受け取り、、、全然要領を得ず。5年は修行が必要だとのことです。

 

 

 

最後までお読み頂き有難うございます。