猫枕ライフ

NOアイドルNOライフ!

認知症講話をしていて高2の時の数学教師を思ひ出し苦笑❗️ 先生の息子さんも精神科医になっていて一度お会いしたことがあります。

ベルリッツ

f:id:bungo1495:20210618193328j:plain
 

皆さんおはようございます猫枕です。

 

令和元年のプロジェクトで、

 

僻地の我が部落の小さな公民館にて、

 

【認知症カフェ出前カフェ】

 

が1年限定で開催され、

 

ワタクシはたまたま、

 

認知症を標榜しているので、

 

(コウノメソッド実践医)

 

ちょっと講話をさせて頂きました。

 

最初数回動画を撮って、

 

客観的な映像にて自分の講話ぶりを眺めてみた所、

 

非常に無残な惨状に、

 

自ら目を背け耳を塞いで開いた口が塞がらないものでございました。

 

その第一回のYouTubeはこちらです。

youtu.be

 

動画を見た方、いかがでしょうか❓️

 

滑舌が悪く聞き取りにくくて、

 

元棋士のひふみんを思って自ら大爆笑しておりましたが、

 

後々暇を持て余してゴロゴロ寝転びながら、

 

改めて思い起こしていると、

 

ふと、

 

高2の時の数学の先生を思ひ出したのです。

 

 

f:id:bungo1495:20210618193700j:plain

(出典:proverb-encyclopedia.com) 

 

彼の授業は【念仏のように】教科書を読み上げて板書するスタイルでした。

 

約40年の時を超えてあの先生と変わらぬというか、

 

より無様な講話をかましてしまい、

 

自分で自分に呆れてしまいました。。。

 

 

田中S三郎先生の思ひ出

 

f:id:bungo1495:20200428164411p:plain

(出典:page.auctions.yahoo.co.jp)

 

先生は1980(昭和55)年度に、

 

隣の大洲高校から我が八幡浜高校に異動して、

 

2年生の学年主任になられた御方です。

 

先ず第一に困ったのは、教科書です。

 

ワタクシは2年でも教科書は【チャート式参考書】で有名な数研出版だと思って、

 

そのカリキュラムに合わせたZ会の通信添削を注文していたのですが、

 

田中先生が【中学時代・高校時代】の雑誌で有名な旺文社をチョイスしてくれたお蔭で、

 

いきなりZ会が使えなくなりました❗

 

もう遠い昔でよく覚えていませんが、

 

確か、

 

微分積分とベクトルの順番が逆でした。

 

(尚、1、3年の教科書は数研出版でした)

 

次に困ったことは、

 

一本調子の教科書の棒読みと板書に終始した授業です。

 

教科書をそのまんま読み上げるだけなので、

 

ワタクシは授業を聞くのを止めて、

 

一人勝手に問題を解いておりました。

 

学年のトップを突っ走るK君でさえも、

 

一番前の席で机の上にガバーッ❗️

 

と上半身を預けて寝落ちしてましたよ❗️❗️

 

(※彼は現役で京大医学部に入ったのみならず、その後も快調に進撃して、現在は東京慈恵会医科大学麻酔科学教授を務めております)

 

そんな、

 

簡単な授業しかしてないのにもかかわらず、

 

1学期の中間テストは物凄い難問だらけで全く解けませんでした。

 

だれも授業を聞かないから意地悪した模様で、

 

(恐らく生徒じゃなく他の数学の先生から苦情が出て)

 

1学期末テスト以降はかなり簡単になりましたが。

 

息子は精神科医!

 

実は、

 

1995年愛媛大学精神科に入局説明会に伺った時、

 

先生の息子さんをお見掛けしました。

 

そっくりでした❗️

 

名古屋大学を卒業して愛媛で研修していたようです。

 

あの糞親父❗

 

自分の息子の教育には成功しとるぞなもし❗️❗

 

f:id:bungo1495:20200428172655p:plain

(出典:tsubasabunko.jp)

 

ワタクシは精神科に断られて放射線科に入局しましたが、

 

全く松山というところは、

 

明治の大昔から、

 

夏目漱石が【坊っちゃん】を書かずにいられなかった❗️❓️

 

キツネとタヌキ揃いの土地柄なんですね~

 

ワタクシも、

 

イギリス留学の漱石にあやかって、

 

スコティッシュフォールドを飼い、

 

メスなのに【没っちゃん】と名付けずにいられませんでした❗❗

 

※詳しくはこちらの記事に書いております。

www.nanmanda.com

 

 

 


 

最後までお読み頂きありがとうございます。