ニャン尾塗中 +1

スコティッシュフォールド♀と柴犬♂と僻地の山里で暮らす、孤独癖アイドルヲタクのセミリタイア医師が、ちょっと仕事、時に美食し、稀に外国旅行致します。。。

スポンサ―リンク

スポンサーリンク

子猫は避妊手術後1カ月経ち、WILD に太ったためエサを体重ケア用に変えて、飼主はオレンジドクターの資格を取った。

 

 

皆さんおはようございます猫枕です。

 

2019年1月10日、認知症相談医【オレンジドクター】に認定されました。

 

医師会の研修を2回受講しただけですが、年度末に立派な【オレンジドクター】のプレートを頂きました。

 

医師会の研修や診療をサボっているとプレートを返却させられるとのこと、寝当直メインのワタクシは大丈夫なのでしょうか❓❓❓

  

 

避妊手術後1カ月経過

 

術後1カ月経って落ち着いて来たら、もうとんでもなくふてぶてしくなりました。

 

 眼が座ってるのは猫はみんなそうなんでしょうが、座り方に渋味が出てきました。

 

 足腰も筋肉もがっちりして、ベッドから畳に飛び降りるとき、重い音と衝撃がドン❗️と感じられます。

 

 オトナの風格が出て来ましたね〜

 

1/11ワンワンワンのランチ。避妊手術後1カ月経って一皮むけた感じですね〜

 

 餌を食べるときはバリバリ猛獣のように力強く顎を噛み締めております。

 

自分で獲物を捕まえ、弱肉強食の勝ち名乗り❗️を上げるがごとく、誇らしく食べている感じです。

  

後、年末年始に家を空けていることが多くて、その頃から壁をガリガリやるようになりました。

 

淋しかったのがきっかけかもしれませんが、今までボロ椅子の裏しかしなかったのがどうしたのでしょうか❓

 

無遠慮にWILDになってきましたね~

 

子猫用のエサを卒業

 

 

正月明けまでは1歳までの子ねこ用でしたが、

 

 

 正月明け過ぎからは避妊・去勢した猫の体重ケアにチェンジしております。

 

子ねこ用の特筆点は、

①子ねこの健康的な成長を考えた栄養設計。良質なたんぱく質を配合。

②免疫力の維持に配慮。

③DHA配合。

 

体重ケア用の特筆点は、

①低脂肪・低カロリー設計で体重管理をサポート。

②毛玉の排出。

③尿pH管理に配慮。

 

生活習慣病や腎臓・泌尿器系の病気を特に考えているようです。

 

子ねこ用が1歳までで、没っちゃんは正月現在7カ月なのですが、その辺りまた不調を来たしたらトトロ先生の所に参りましょう。

 

新しいエサになって1週間後

 

 

 

1月中旬で寒さが本格的になりました。

 

寝床のかぼちゃの底に座布団を敷いて上げたら、

 

『余は苦しゅうないぞよ❗️❓』

 

てな感じでお寛ぎの様子でございます。

 

が、当直室全体を見ますれば、エサの切り替え前と違って随分荒れております。

 

阪神・淡路大震災から24年経ちました。それとは関係なく、没っちゃんの当直室は荒れ放題です。

 

年末年始、避妊手術後1ヵ月あたりから寝具類や壁で遊び過ぎる感じですが、エサが変わって食い足りず、ご不満で暴れている模様です。

 

お姫様は成長期用の栄養たっぷりのエサでぶくぶく太っておりますが、ダイエット食の低脂肪低カロリーでは空腹でしょうがないようです。

 

しかし、アイドルヲタクの飼い主に飼われたからには、デブ猫なんか許される訳ないですよ❓

 

病気にでもならない限りは、今より痩せて Shape-up❗️してもらいます。

 

 

 

 

最後までお読み頂き有難うございます。