猫枕ライフ

NOアイドルNOライフ!

本当の自由を手に入れる【お金の大学】一生お金に困らない5つの力が身につく実践型ガイドブック(貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う)①

ベルリッツ

youtu.be

 

皆さんおはようございます、猫枕です。

 

株式などを買うに当たり、

 

リベラルアーツ大学長【両】のYouTubeが面白くて役に立つので本も買いました。

 

本当の自由を手に入れるお金の大学

本当の自由を手に入れるお金の大学

 

 

1/17の日曜日、

 

いつも寝当直のところ結構お仕事に呼び出されたにもかかわらず、

 

スイスイと一冊全部読んでしまいました。

 

忙中閑あり❓

 

という出来るヤツの生活パターンだな❗

 

とニンマリしつつ、

 

翌、月曜日に早速習ったことをアウトプット致しました。

 

(さて、何をしたでしょう❓)

 

とにかく、

 

非常にいい本なので要約して行こうと思います。。。

 

 

STEP 0 経済的に自由になるための基本ーお金持ちの大原則ー

 

経済的自由とは・・・働かなくても入ってくるお金で生活できる状態。

 

すなわち、

 

『生活費<資産所得』

 

という状態。

 

資産所得とは投資で得られる所得のこと。

 

つまり、

 

生活費を減らして資産所得を増やす

 

ことに取り組むことで、生活のために働く必要がなくなるのです。

 

働きたければ働く、働きたくなければ働かない

 

その選択の自由を手に入れたことになります。

 

人生を豊かにする❗

 

お金にまつわる5つの力が以下です。

 

f:id:bungo1495:20210120150410j:plain

(出典:liberaluni.com) 

 

①貯める・・・支出を減らす力

 

②稼ぐ・・・収入を増やす力

 

③増やす・・・資産を増やす力

 

④守る・・・資産を減らさない力

 

⑤使う・・・人生を豊かにすることにお金を使う力

 

f:id:bungo1495:20210120150457j:plain

(出典:liberaluni.com) 

 

STEP 1【貯める】―支出を減らして貯蓄を増やそう―

 

f:id:bungo1495:20210120150943j:plain

(出典:twitter.com) 

 

まずは6大固定費を見直そう。

 

貯める力とは、

 

『生活の満足度を下げずに支出を減らす力』

 

であり、これをつけることが経済的自由を達成するために欠かせない、

 

最初の一歩

 

である。

 

1.通信費

スマホは格安SIMに変えて毎月のスマホ代を安くしよう。

 

2.光熱費

電力会社を乗り換えよう。

 

3-1.必要な民間保険

必要な民間保険は3つだけです。

 

①生命保険

 

②火災保険

 

③自動車保険

 

低確率・大損失の主要リスクについては保険で備えろということ。

 

即ち、

 

①自分の死亡

 

②家の火災

 

③自動車事故で人を死なせる

 

この3つです。

 

もっと他にも色々不安❓❓❓

 

でしょうが、

 

そこは日本国の社会保険でほとんどカバー出来ます❗❗❗

 

①病気・ケガのリスク

健康保険にて、自己負担は原則3割で、

 

自己負担には上限があって月10万円ぐらいで済む。(高額療養費制度による)

 

病気・ケガで働けない時は、

 

最大1年6ヵ月も傷病手当金が受給できます。

 

②障害リスク

 

等級に応じて障害年金を受給できます。

 

③死亡リスク

 

遺族年金。

 

④失業リスク

 

雇用保険の「失業給付」

 

他にも、

 

「就業手当」「再就職手当」「教育訓練給付金」「育児・介護休業給付金」

 

のような手厚い保障があります。

 

⑤老後リスク

 

年金制度は国だからこそ作れる超優良な保険❗

 

なので老後生活の柱であり続けることは間違いない。

 

⑥介護リスク

 

民間の介護保険は入る必要一切無し❗❗

 

国ですら維持できない「割に合わない」介護保険であるから、

 

民間だと「ぼったくり保険」しか作りようがないのです。

 

⑦出産費用のリスク

 

出産育児一時金、出産手当金、育児休業給付金にて手厚く保障。 

 

3-2.不要な民間保険

 

はい、ここで冒頭の問いかけに対するお答えです。

 

日曜日にこの本を読んで、

 

月曜日に速攻でやったことは、

 

要な民間保険のカットです。

 

即ち、がん保険と自動車の車両保険を削りました。

 

この詳しい説明は次回のブログにてお話致しますので、少々お待ち下さい。

 

 

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。