ニャン尾塗中

猫を世話して世話される。。。

ワタクシの秋の実りは【小さな恋のメロディ】みたいに儚い淡い蜜月でした

 

皆さんこんばんわ~猫の枕のブロガー爺でございます。

 

天高く馬肥ゆる秋、隣はニャニをする猫ぞ。

 

この後、すぐ次の瞬間にはキーボードに飛び乗って、猫ふんじゃった。。。

 

 

 

猫の性(さが)

 

 

ワタクシの本棚の一番上は、AKB48、乃木坂・欅坂46のアイドル写真立てコーナーなのですが、没っちゃんは何度立て直しても必ず倒します。

 

 

恋のライバルなのでしょうか?

 

食欲に一直線で、準備中に席を外すと速攻で食らいつくのですが?

 

 

ワタクシがベッドに寝ているとしばらくワタクシの体の上をズカズカ踏み歩いて、飽きたら空いた所に適当に落ち着いて寝ます。

 

 

窓を開けていると、網戸の直前に落ち着いて、鼻をクンクンさせながら上下左右を見渡して、飽きもせずゆっくり外を眺めています。

 

 

が、外に出したら即座に家の中に帰ります。

 

室内猫ゆえ家の中で飼い主のお伴をするのが習性なのでしょう。

 

 

隣りの部屋に放置してキーボードを叩き続けていると、特に一心不乱に熱中している時に限ってガリガリやってくれます。

 

 

『お前のブログは独り善がりでタラタラ突っ走って読者様は全然面白くニャイぞ!』

 

とのたまっているのかもしれません。

 

ワタクシのテンションが上がるに同調してガリガリ・エスカレートしてしまうのでは?

 

 

小さな恋のメロディ

 

小さな恋のメロディ [Blu-ray]

小さな恋のメロディ [Blu-ray]

 

 

1971年のイギリス映画【小さな恋のメロディ】をご存知でしょうか?

本国より日本で大ヒットして、テレビで何回も再放送されている名作です。

 

BEE GEESがまた素晴らしくて、【若葉の頃】とか【メロディーフェア】とか、70年代のアコースティック音楽が琴線に触れて感涙せずには見られません。

 

小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック

小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ザ・ビージーズ,クロスビー,スティルス,ナッシュ&ヤング,リチャード・ヒューソン・オーケストラ,リチャード・ヒューソン・オーケストラとコロナ・スクールの学生,リチャード・ヒューソン・オーケストラとバリー・ヒューソン,コロナ・スクール,バリー・ヒューソン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2002/05/02
  • メディア: CD
  • クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (32件) を見る
 

 

主人公は小6ですが、この二人が学校をさぼって海水浴に行ったり、ラスト、トロッコに乗って行く先の分からない遠くへ走り出すシーンを見ていると、人生唯一の恋愛体験を思い出します。(当時ワタクシ34才でした)

 

ワタクシは開店休業のクリニック外来で一日中ゴロゴロしていて、併設のデイサービスが送迎バスを出した後の暇な時間に、そこのスタッフの彼女と毎日ケラケラ遊んで暮らすのが、小医のお仕事のようなものでした。

 

【店外デート】は夕方仕事が終わってからばかりでしたが、一度だけ日中ドライブに出かけました。

 

都城市のど田舎から宮崎市青島海岸へ。

 

ただ、その帰り道から明らかに彼女はどっちらけで、翌日とうとう破綻しました。

 

旅行中、ランチでは若い女店員が、駐車場から青島に向かう時には独り歩きの若い男が、海岸で座っている時には修学旅行の高校生たちが、不快な因縁を無遠慮に付けてきて、また車の運転もノロノロぐずぐずオロオロしてしまいました。

 

クリニック内では現場でただ一人しかいないお医者様でカッコよく見えていたのが、世間的には全然実績のない【ひよっこ】でしかなくて、白日の下に晒されたら激しい荒濤に翻弄される、頼りない情けない青二才なのを見せつけられて幻滅したのでしょうね~

 

クリニック内の極々狭い世界の中で約1カ月、毎日のように楽しく過ごしていましたが、その精神年齢は【小さな恋のメロディ】レベルで、厳しくてどうにもならないお仕事から二人とも現実逃避していたと思います。

 

この辺り、世間体に雁字搦めの日本人のESCAPE願望を子供のように叶えてみたら・・・というこの映画が日本でヒットした理由なのだろうと思われます。

 

 

『こんなんじゃ成就する訳がなかったんだニャア~ 』

 

と後悔するばかりですが、残念ながら、34才の10月が人生の最初で最後の恋だったようです。

 

で、20年もの年月が流れて、54才にして動物のパートナーをお迎え致しました。

 

2018.10.15.秋の実り

 

 

庭の柿の実が食べごろになりました。

 

 

ひとつ一番赤い実を食べてみたら甘々の熟々でした!

 

 

ここぞ! とばかり、普段お世話になりっ放しの寝当直医は、捥いだ実をほとんど全部病院スタッフに配ってヨイショしました。

 

 

お隣のMiさんからは採りたてのソラマメを頂きました。

 

 

Moさんは庭の雑草を器械で刈ってくれました。

 

尚、柿の木は家主の親戚Aさんが剪定したものであり、ワタクシは自分の庭を全く人任せにしている格好です。

 

『1年目だからまぁいっかー!?』

 

と今の所は皆さんのご好意に甘えて居られますが、人の役に立つサービスがワタクシに出来るのかどうか? 

 

今後のことが悩ましいところです。

 

没っちゃんに個室を与える

 

 

トイレの隣のスカスカの物置部屋を没っちゃんの個室にしました。

 

 

北西の角部屋ですが、日当たり良好、猫のケージとしては超特大サイズでしょう。

 

 

北側から見た部屋。

 

 

西側から見た部屋。

 

 

ちょっと寂しそうな恨めしそうな様子ですね。

 

8/16に我が家に来てから約2カ月24時間ご一緒しましたが、夏場のだらだら過ごすことの多い時期だったからいいものの、【ブロガー医師】のワタクシは家の中でもお仕事があるし、家事も色々あり、24時間フリーは終了とします。

 

じゃれついて足手纏いになるのをしばらく我慢すれば、そのうち適当な場所で寝入ってしまうのは分かっているのですが、AdSense審査が連戦連敗ノンストップ更新中で全然余裕がなく、現時点ではフリーは無理です。

 

人生唯一の恋人も1カ月の蜜月だけでしたのでワタクシの甲斐性もその程度のもので、ましてや54才になって心身の体力は34才から格段に落ちているので、致し方ないとご了承下さいね~遊び盛りの没っちゃん!

 

 

とりあえず、没っちゃんにも決まったお仕事を与えておきましょう。

 

元【阿南醫院】の365日24時間当直を宜しくお願い致します!

 

 

 

最後までお読みいただき有難うございます。