ニャン尾塗中

スコティッシュフォールド♀一匹と僻地の山里で暮らす、孤独癖アイドルヲタクのセミリタイア医師が、ちょっと仕事、時に美食し、稀に外国旅行致します。

梅雨の晴れ間、僻地の山里をWALKING~~~ゲジゲジもクモも蝶蝶も毛虫もバッタの幼虫も、田んぼの稲穂もみんな元気に生きている

スポンサーリンク

皆さんおはようございます猫枕です。

 

f:id:bungo1495:20190716161905j:plain

 

7/16(火)梅雨の晴れ間、久々にWALKING出来ました。

 

汗だくになりながらも、しばしば立ち止まって写メを撮りまくりました。。。

 

 

鬱陶しい家の中にゲジゲジ

 

 

標準和名ゲジですが、みんなゲジゲジ❗️と呼ぶ虫です。

 

見るだけでモジャモジャ痒くなるゲジゲジです。

 

網戸の外に張り付いて萎えていたので指先でパチンコして落としてやりました。

 

玄関引き戸に芸術的な蜘蛛の巣

 

 

7/14、幾何学模様で数学者も生物学者もほほう❗️と感服して見惚れそうな蜘蛛の巣を発見致しました。

 

 

7/15、巣はもう無くなっていますが、主はいます。

 

 

7/16、巣の痕跡、三角形の頂点辺りに3つ獲物がかかっておりますが、主は行方不明です。

 

後で食べるのでしょうね。

 

家のフェンス前にアゲハチョウ

 

 

下の花に居る所を撮ろうとしたら上方に飛びました。

 

 

上の花に止まった所を何とかキャッチ。

 

赤と黒のコントラストも鮮やかに、優雅におとまり遊ばしておられます。

 

隣のMiさん家の田んぼ

 

 

家の下の道路を横切ってMiさんの田んぼに降りる手前。

 

我が家同様ツバキ系統の花が咲いて、落ちている物も多数あります。

 

 

稲は順調に育っています。

 

田んぼの下の市万田橋辺り

 

7/16朝、梅雨の晴れ間の平井川の市万田橋辺り🌈道の上にチラリと我が家も映り込み😅

 

田んぼの間を抜けて下に降りると、平井川が流れており、市万田橋が架かっています。

 

川の流れは穏やかなようですが、上の方からの放水路は激しい模様です。

 

国道57号線まで下りて【滝の上】バス停から鼓橋へ

 

国道57号線沿い【滝の上】バス停から鼓橋を渡り平井川を見る🌈

 

市万田橋からさらに歩き進んで行くと田畑地区が途切れて、国道57号線に出ます。

 

大分市から竹田市、さらにずっと行って熊本市までつながります。

 

(並行して中九州高速道路が建設中で、現在大分市から竹田市まで開通)

 

市万田橋の下よりも激流のようです。

 

バス停名からもお分かりのように豊後大野市には滝が多いのです。

 

原尻の滝、沈堕の滝は有名な観光地になっています。

 

www.jalan.net

 

鼓橋から隣町緒方にちょっと入る

 

鼓橋を渡り切って緒方町に入ると選挙ポスター、ごみステーションから平井川の奔流が見られます🌈

 

国道を横切り、鼓橋を渡って緒方町方面に歩いて行くと、ミニ滝が見られます。

 

緒方町【和田】バス停で折り返し

 

風に吹かれて〜毛虫ぶらぶら〜〜山の上の和田バス停前にて😇

(再掲5/22より)

 

さらにドンドン歩いて行くとまたバス停があります。

 

その【和田】バス停まで片道20分程度で折り返します。

 

WALKINGは1回30分以上、週3回で糖尿病の運動療法に丁度良いようです。

 

が、中々能書き通りには行きませんのでちょっと多めの時間を設定しております。

 

けれども、回数の方は天気や用事に大幅に左右されて全然足りてない状態です。

 

2日連続で行かないルールだけは楽なので守っています。

 

尚、ただ歩くだけではなく、体操を追加しております。

 

①出発前の下腿部中心のストレッチ。

 

②折り返し地点での全身関節の自己流体操。

 

①はキツイですが、糖尿病の症状でもある【足がつる】のをブロックするためにわざとキツイ準備をしています。

 

ハワイでサーフィン中止の大損害を被りましたから❗️

 

緑の中を走り抜けてくバッタがおるで?

 

 

家に戻ったら車のボンネットに未熟なバッタが乗っておりました。

 

嘉門達夫の替え歌を思い出しますね~

 

緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ

 

【山口百恵のプレイバックPart2】

 

➡緑の中を走り抜けてくバッタがおるで❗️

 

※ワタクシは毎日これで高速道路を走り抜けております。

 

ご参考までにこちらの替え歌メドレーをどうぞ。

youtu.be

(出典:ala kumasan)

 

 

 

 

最後までお読み頂き有難うございます。